詳細解説!My SOS への登録方法と検疫手続事前登録(ファストトラック)

一時帰国

詳細解説!日本入国アプリ MySOSの登録方法と検疫手続事前登録(ファストトラック)



今回は日本入国時に必要な、健康居所確認アプリ(MySOS)の登録方法を解説します。また、MySOSで可能となりました、検疫手続事前登録(ファストトラック)についても詳しく説明します。

空港到着時に、アプリが登録されているかチェックされ、未登録ならばその場で登録することも可能ですが、速やかに入国手続きを済ませるためにも、時点にアプリのダウンロードから登録までを済ませておくことを、強くオススメします。

登録がまだの方はこの記事で、アプリのダウンロードから登録まで、世界で1番詳しく(?)説明してますので、ぜひご参考にしてください。なお、日本入国時に必要なアプリについては、下記の厚生労働省のホームページに詳しく記載されていますので、合わせてご参照下さい。

スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について
スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について掲載しています。

今回のポイントは次の3つです。

  • 日本入国6時間前までに、MySOSの登録から検疫手続事前登録(ファストトラック)まで済ませておきましょう。
  • 事前登録に必要な3回目ワクチン証明書と出国72時間以内コロナウィルスの検査証明書はpdfではなくjpgデータで用意しましょう。
  • コロナウィルスの検査証明書は政府指定の書式で作成してもらい、わかりやすい字で記入してもらいましょう。

では、パスポートとフライトチケット、ワクチン接種証明書と検査証明書を用意して、イザ登録!

‘22.5/25 追記                 再入国時(2回目以降の日本入国時)のファストトラック申請方法を追記しました。
‘22.8/25追記 日本入国前のPCR検査が不要となりました!   9月7日午前0時(日本時間)以降、有効なワクチン接種証明書を保持している全ての帰国者・入国者については、出国前72時間以内の検査証明の提出を求めないこととします。
詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C073.html

1.アプリのダウンロード

日本入国時に必要なアプリの一覧です。この中から、「健康居所確認アプリ(MySOS)をダウンロードします。

日本入国時に必要なアプリ一覧

日本入国時に必要なアプリ一覧

ダウンロードは、上記のQRコードを読み取るか、下記URLから行って下さい。

https://mysosp.page.link/sfY2kRrviv4t4eFy7

詳しくは下記の厚生労働省サイトを参照下さい。

ファストトラック
すでにMySOSのアプリを登録済みの方で、ファストトラック(事前検疫手続登録)を行う方は、「4.再入国時のファストトラック申請方法」を参照下さい。バージョンが古くてファストトラック申請が出来ない場合は、必ず上記QRコードかURLからアプリを再ダウンロードして下さい。
これらのアプリが動作可能なOSバージョンは、  iPhone端末:iPhone 13.5以上、Android端末:Android 6.0以上です。
事前にスマホのOSバージョンを確認して、必要ならばOSのバージョンアップ、もしくは機種のバージョンアップを実施しておきましょう。
なお、MySOSは’22.3/28に更新されています。それ以前に、インストールした方で、下記のような画面の方はアンインストールして再ダウンロードしてください。

2.MySOSの登録方法

アプリのダウンロードが出来たら、MySOSを立ち上げて、登録を行います。

起動したときの画面が、こちら。

最初に利用規約が表示されますので1番下までスクロールして行って下さい。

MySOS 2

MySOS 2

まだまだ下へスクロールしてください。

1番下までたどり着いたら、「同意する」をクリック。

 

MySOS 3

MySOS 3

次は、プライバシーポリシー画面になるので、同じように下までスクロールしていく。

MySOS 4

MySOS 4

1番下までスクロールしたら、同意する をクリック。

MySOS 5

MySOS 5

すると、今度は

「MySOSからの通知を許可しますか?」というウィンドウが開くので、「許可」をクリック。

(許可しないと、入国できないんだろーが!)

入国後、隔離期間中はMySOSから、随時連絡が来ますので、必ず対応するようにしてください。ちゃんと隔離生活をしているか、TV電話で部屋の中を映すように要請されることもあります。

次に、「日本に入国する皆様へ」の画面になりますから、内容確認して、「確認」をクリック。

MySOS 6

MySOS 6

次の画面になりますので内容確認して、「確認」をクリック。

MySOS 7

MySOS 7

「必要時、自分で」の項目が表示されますから、「確認」をクリック。

MySOS 8

MySOS 8

次にプライバシーポリシーが表示されますので、下へスクロール。

MySOS9

MySOS9

1番下までスクロールしたら、同意する をクリック。

MySOS10

MySOS10

次にアカウント登録画面になりますので、パスポートと同じ内容で各項目を入力します。

MySOS11

MySOS11

全て入力したら、右上の「登録」を押します。

MySOS12

MySOS12

入力内容の確認画面が出ますので、確認して「はい」を押します。

MySOS13

MySOS13

「マイクへのアクセスを求めています。」と表示が出るので、「OK」を押します。

MySOS14

MySOS14

「カメラへのアクセスを求めています。」と表示されますので「OK」を押します。

MySOS15

MySOS15

位置情報のアクセス許可の確認が出ますので、「許可」を押す。

MySOS16

MySOS16

位置情報の使用許可確認を聞いてきますので、「Appの使用中は許可」を押す。

(これ、空港でのアプリチェックで、携帯電話の設定メニューから、「常時許可」に設定し直してくれるんですが、最初から「常時許可」で設定しておいたらいいのにと思います。)
MySOS17

MySOS17

同行の子供の確認がありますので、いなければ「いいえ」。いる場合、「はい」を押すと同じ端末で子供さんもフォローされます。

MySOS18

MySOS18

以上で登録は完了です。続いて、日本入国時の検疫手続事前登録(ファストトラック)ができますので、必ず事前手続をしておきましょう。

MySOS19

MySOS19



 

3.事前検疫手続登録 (ファストトラック)

MySOSでは、空港での検疫手続の事前登録(ファストトラック)が出来ます。空港到着時の検疫手続が30分は早くなりますから必ず事前登録してMySOSが緑色の画面になった状態にしておきましょう。

ファストトラックの詳細については下記を参照下さい。    https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/
ファストトラックの登録は搭乗便到着予定日時の16時間前6時間前までに実施する必要があります。一方、登録には、搭乗時刻の72時間以内に検体採取したコロナウィルスの検査証明書が必要です。検査証明書を入手したら速やかにファストトラック登録を行いましょう。登録可能な時間が意外と短いです。
‘22.5/2 ファストトラックの申込み期限が、到着予定時刻の16時間前から6時間前に変更になりました。詳細は下記参照下さい。https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C040.html
まず、MySOSの最初の画面から「検疫手続事前登録」を選びます。
MySOS ファストトラック1

MySOS ファストトラック1

検疫手続の事前登録には

  • 質問票Web
  • 誓約書
  • ワクチン接種証明書
  • PCR検査証明書

の4項目が必要です。

ワクチン接種証明書と検査証明書は、jpg形式の鮮明なデータで用意しておきましょう。(pdfだとアップロード出来ません!)

質問票Web

事前登録画面から「質問票WEB」を選びます。

MySOS ファストトラック2

MySOS ファストトラック2

質問票回答受付画面になりますから、下へスクロール。

MySOS ファストトラック3

MySOS ファストトラック3

画面の1番下までスクロールしたら「次へ」

MySOS ファストトラック5

MySOS ファストトラック5

次から質問票の入力です。表示される質問に一つずつ回答さしていきます。

MySOS ファストトラック6

MySOS ファストトラック6

日本到着日:カレンダーマークをクリックして、カレンダーから入力します。

MySOS ファストトラック7

MySOS ファストトラック7

航空会社(選択)便名(番号)をそれぞれ入力します。

MySOS ファストトラック8

MySOS ファストトラック8

予約しているフライトの座席番号(数字とアルファベット)をそれぞれ入力します。

MySOS ファストトラック9

MySOS ファストトラック9

入力したら、「次へ」をクリック。

MySOS ファストトラック10

MySOS ファストトラック10

1.入国者情報の入力

氏名、国籍を入力します。(すでに入力されている場合もあります)

MySOS ファストトラック11

MySOS ファストトラック11

性別、生年月日を入力したら、「次へ」

MySOS ファストトラック12

MySOS ファストトラック12

続いて、入国後の住所を入力します。

’22.4/22現在、ワクチン3回接種していればインドネシアからの入国後の待機は不要ですが、入国後の住所は入力必要です。

2.日本滞在情報の入力

MySOS ファストトラック13

MySOS ファストトラック13

住所を番地まで入力住宅のタイプを選んだら「次へ」

MySOS ファストトラック14

MySOS ファストトラック14

一時帰国の場合(再び日本を出国する予定の場合)、出国予定日と、予定フライト番号を入力。

MySOS ファストトラック15

MySOS ファストトラック15

「次へ」を押します。

MySOS ファストトラック16

MySOS ファストトラック16

3.流行地域滞在情報

次に「流行地域滞在情報」の入力です。

MySOS ファストトラック17

MySOS ファストトラック17

14日以内の直近3カ国の滞在国を入力します。

MySOS ファストトラック18

MySOS ファストトラック18

4.体調情報

14日以内の発熱や咳がある人との接種有無、コロナ陽性者との濃厚接触有無を回答。

MySOS ファストトラック19

MySOS ファストトラック19

自身の体調を回答します。

MySOS ファストトラック20

MySOS ファストトラック20

薬の服用情報を入力して「次へ」

MySOS ファストトラック21

MySOS ファストトラック21

5.フォローアップ

フォローアップ画面になりますから、画面下にスクロール。

MySOS ファストトラック22

MySOS ファストトラック22

メールアドレスを入力します。

MySOS ファストトラック23

MySOS ファストトラック23

メールアドレスを再入力して、「次へ」

MySOS ファストトラック24

MySOS ファストトラック24

国内の緊急連絡用の電話番号を入力します。

ここで入力出来るのは日本国内の電話番号のみです。海外の電話番号はこの後で入力可能です。
MySOS ファストトラック25

MySOS ファストトラック25

その他の連絡先を入力します。

海外の電話番号を入力する場合はここに入力します。
MySOS ファストトラック26

MySOS ファストトラック26

回答入力確認

回答内容を確認して下へスクロールします。

MySOS ファストトラック27

MySOS ファストトラック27

内容を確認したら、「回答完了」を押します。修正がある場合は「修正」ボタンを押して修正します。

MySOS ファストトラック28

MySOS ファストトラック28

誓約書

次に誓約書を提出します。

MySOSの検疫手続事前登録画面から「誓約書」を選びます。

MySOS 誓約書1

MySOS 誓約書1

質問票WEBで入力した情報が書かれていますので、確認して下へスクロール。

MySOS 誓約書2

MySOS 誓約書2

登録した内容が記入されていますから、内容確認して画面1番下までスクロールしたら、「確認」を押す。

MySOS 誓約書3

MySOS 誓約書3

宣言文の登録完了画面になりますから、「トップへ」を押します。これで宣言文の登録は完了です。

MySOS 誓約書4

MySOS 誓約書4

ワクチン接種証明書

次にワクチン接種証明書の登録です。登録にはワクチン接種証明書の画像(jpg)データファイルが必要ですので、予め用意しておきましょう。

なお、データ形式は.pdfは使用出来ません。.jpg形式で用意しておきましょう。
pdfで用意した方は携帯画面に全画面表示してスクリーンショットすれば、jpg形式になります。ご参考まで。

MySOSの検疫手続事前登録画面から、「ワクチン接種証明書」を選びます。

MySOS ワクチン接種証明書1

MySOS ワクチン接種証明書1

次にワクチン接種証明書の有無の回答画面になりますから、3回目ワクチン接種を済ませてる方は、「有」のボタンを押します。

MySOS ワクチン接種証明書2

MySOS ワクチン接種証明書2

なお、日本入国時の隔離ルールについては、ワクチン3回目接種している方は隔離無し、3回目接種していない方は、7日間の自主隔離が必要です。(‘22.2/24以降〜4/22時点)

下記厚生労働省のホームページを参照ください。

入国後の自宅等待機期間の変更等について
入国後の自宅等待機期間の変更等について掲載しています。

3回目ワクチンの種類と接種日を入力します。

MySOS ワクチン接種証明書3

MySOS ワクチン接種証明書3

次に、「Browse」を押して、3回目接種の証明書を選択して、アップロードします。

接種証明書はjpg形式のデータを用意してください。(pdf形式はアップロード出来ません)

「…登録者の接種証明書ですか。」に「はい」を選んで、「次へ」を押す。

MySOS ワクチン接種証明書4

MySOS ワクチン接種証明書4

入力した内容が表示されるので、下へスクロール。

MySOS ワクチン接種証明書5

MySOS ワクチン接種証明書5

1番下までスクロールして、「登録する」を押す。

MySOS ワクチン接種証明書6

MySOS ワクチン接種証明書6

「登録が完了しました」と表示されて、ワクチン接種証明書の登録は完了です。「TOPへ」ボタンを押します。

MySOS ワクチン接種証明書7

MySOS ワクチン接種証明書7

トップ画面に戻ると、「受付が完了しました」のメッセージが出ますので、「閉じる」を押します。

MySOS ワクチン接種証明書8

MySOS ワクチン接種証明書8

MySOSの背景が赤から黄色(黄土色)に変わります。検疫手続事前登録完了の緑色まであと一つ(検査証明書の登録)です。

MySOS ワクチン接種証明書9

MySOS ワクチン接種証明書9

検査証明書

いよいよ、最後の項目です。出国72時間以内に検体採取したコロナウィルスの検査証明書の登録です。

‘22.9/7午前0時(日本時間)以降、有効なワクチン接種証明書を保持している全ての帰国者・入国者については、出国前72時間以内の検査証明書は不要となりました。詳しくは下記参照ください。https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C073.html
MySOSのファストトラックについても2022年9月7日0時(日本時間)から適用の制度変更に伴い、MySOS WebまたはMySOS アプリでの検疫手続事前登録の際には、「ワクチン接種証明書」または「出国前72時間以内の検査証明書」のいずれかが審査完了になると、画面が緑色または青色に変わるようになります。​詳しくはこちら➡https://www.hco.mhlw.go.jp/
MySOSファストトラック 検査証明書不要

MySOSファストトラック 検査証明書不要

ということで、ワクチン接種完了していれば’22.9/7以降は下記の手続きは不要となりました。よかったよかった。

日本入国時のコロナウィルスの検査は検体採取方法、検査方法が決められており、検査証明書の書式も指定されていますので、必ず指定の書式で検査証明書を発行してもらうように病院に依頼してください。指定されている書式以外では、入国手続として受付けてもらえません。
指定されている検査証明書の書式はこちら
アップロードする検査証明書は、jpg形式で作成してください。(pdf形式だとアップロードできません)
MySOSの検疫手続事前登録画面から、「出国前72時間以内の検査証明書」を選びます。
MySOS検査証明書1

MySOS検査証明書1

検査証明書の事前提出に、「有」をチェックします。
MySOS検査証明書2

MySOS検査証明書2

検査証明書を見ながら、検体採取日時、検査の種類、検体採取法、検査結果を入力して、「Browse」で検査証明書をアップロードします。全て入力終わったら「次へ」を押します。

MySOS検査証明書3

MySOS検査証明書3

入力内容の確認画面になるので、下へスクロール。
MySOS検査証明書4

MySOS検査証明書4

1番下までスクロールしたら、「登録する」を押す。

MySOS検査証明書5

MySOS検査証明書5

しばらくすると(約1時間〜2時間程度)、登録内容の確認結果が通知されます。これは、正常に登録できた場合。
MySOS検査証明書6

MySOS検査証明書6

なお、アップロードした検査証明書に不備がある場合や、画像が不鮮明な場合は、例えば次のようなメッセージが出ますので、正しいデータを再登録します。

MySOS検査証明書7

MySOS検査証明書7

手書きで作成してもらった検査証明書の数字が読みにくいと、こんなエラーが出ます。検査証明書を受け取った時には、記入されている文字や数字で読みにくいものがあればその場で修正してもらいましょう。

無事、登録が完了すると、検疫手続事前登録画面の4つの項目が全て「登録済み」「審査完了」となります。
MySOS検査証明書8

MySOS検査証明書8

以上で、全て完了です。MySOSの背景が緑色に変わります。日本へ到着したら、この画面をすぐ出せるようにして、検疫手続に進んで下さい。

MySOS検査証明書9

MySOS検査証明書9

なお、空港検疫時にはMySOSとは別に、誓約書の提出が必要です。
検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について
検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について掲載しています。

下記の誓約書を印刷して記入して持っていくのを忘れないようにしましょう。

https://www.mhlw.go.jp/content/000922228.pdf

それでは、スムーズな入国手続きをお祈り申し上げます。

4.再入国時のファストトラック申請方法

一度、ファストトラックを申請して日本へ入国し出国した後に再び入国する時のファストトラック申請方法を解説します。

まず、MySOSを立ち上げます。下記の赤い画面になっているはずです。この画面から設定メニュー(右上の歯車マーク)を選びます。

MySOS ファストトラック再申請1

MySOS ファストトラック再申請1

設定メニューの中の「入国·帰国の目的で使用する」をクリックします。

MySOS ファストトラック再申請2

MySOS ファストトラック再申請2

「利用を開始する」をクリックします。

MySOS ファストトラック再申請3

MySOS ファストトラック再申請3

「日本へ入国する皆様へ」の表示が出ますので「確認」をクリックします。

MySOS ファストトラック再申請4

MySOS ファストトラック再申請4

さらに「日本へ入国する皆様へ」の画面になるので「確認」を押す。

MySOS ファストトラック再申請5

MySOS ファストトラック再申請5

さらに「日本に入国する皆様へ」の画面になるので、「確認」を押します。

MySOS ファストトラック再申請6

MySOS ファストトラック再申請6

アカウント登録画面になりますので、パスポート番号、生年月日、姓、名(パスポートに記載されている英語姓名)を記入して、「登録」を押します。

MySOS ファストトラック再申請7

MySOS ファストトラック再申請7

「同行者の確認」のウィンドウが開きますので、12歳以下の子供の同行有無を選びます。

MySOS ファストトラック再申請8

MySOS ファストトラック再申請8

「ファストトラックの機能を利用しますか?」と聞いてきますので、「はい」を選びます。これで、ファストトラックの申請画面になります。

MySOS ファストトラック再申請9

MySOS ファストトラック再申請9

 

 

 

 

 

 

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました